Go >> gallery/talk This Month
Go >> Backnumber Index
 
   No.17・ MAY 2002
 

"quattro foglie"
<< 四つの葉 >>

ed.30,20cmX14cm,
lithograph ,1997

橋本尚美へこのサイトやコーナーの意見・感想を送る

5月1日(水)

  最近、Macを買い替えました。 電気製品は壊れるまで使うものだという感覚が身に染みついていたものの、さすがにコンピュータおよび周辺機器に、それはあてはまらなかった。仕事は早くなったものの、そのぶんDVD見たり結局Macの前にいる時間は長くなっていくこの頃です。

 今月の作品は「クアットロ・フォッリェ」と読みます。あまり日本人にとって苦労しないイタリア語の発音でも、この「り gli」は曲者です。「り」と「ぎ」の中間ぐらい。気持ちとしては「り」に「てんてん」を打ちたいところです。

 以前も、いろんな色の版を刷り重ねていく楽しみについて書きましたが、この作品は、ものすごく、色をぶつけてみたい衝動にかられた頃でした。なので、ところどころ、それまで作品に使わないような色が出現したりしました。それぞれの版にインクを盛る量が少しでも違うと、ぶつかって生まれる色もかわっていってしまうのが、刷っていて楽しくもつらいところでした。

 今月から、すこし行間を広げてみました。すこしは読みやすくなったでしょうか(つづく)


5月8日(火)

 結局「カンディンスキー展」と「くまのプーさん展」をみて、あとはお仕事の連休でした。「プーさん」は、印刷物が多かったのですが、原画とかはみてたのしかった。「ウィニー・ザ・プー」に実在のモデル熊がいたとは。

 私の作品は多色刷りなので、いつも色を重ねているし、その重ね方はいつも悩むところです。しかし今月の作品は、いつも以上に、色が重なってでてくる「色」を大切に考えていました。また、色だけでなく、形の重なり、見え方の重なり、ということをより考えていたと思います。このコーナーのNo.15でカーテンのようなものがでてきています。すでに私の頭(心)の中に出来上がって見えているはずのビジョンが版を一版ずつ重ねることで、逆に一枚ずつそのビジョンにかかっているヴェールをめくっていく感覚を持ちはじめた頃です。そのしばらく後に制作した今月の作品は、その重なりをもう少し意識してみた頃だった気がします。(つづく)


5月11日(土)

 なんだか雨つづき。しかも昨日は寒かった。最近、小中学生の頃に好きだった少女マンガがリバイバル・マイ・ブームになっています。当時はよくまねして描いたりしていたので、今でも記憶をたどってほどほど描ける自分に驚くやら、あきれるやら

 以前も、地図のようなイメージを持っているという話を描きましたが、(そして、それがまたきっかけとなり地図のような作品もつくりました)、くねくねと、自分の中にあるいろんなものを辿っていく過程のイメージ化が地図という形になるのだと思うのです。もちろん、その地図というのも象徴的なイメージですが。

 だから、絵の上では具体的には「重なり」として表されているものが、何かをさがして辿っていっている気持ちが形になっているのだとおもうのです。って、作ったのは自分ですが・・。作品をつくっている時に思ってはいるけれど、まだモヤモヤしているものが、あとから文章にしようと振り返ってみると、すこしだけ視界が晴れて、こういうことだったのでは、と思うことがあります。そんなわけでこのコーナーは私のためでもあるのです。(つづく)


5月20日(日)

 前回、このコーナーを書くのは自分のためでもある、と書きました。ここに書くことが、その時に製作中の作品のアイディアやヒントになったりするのです。その時とは、また違った見方、感覚、状況で、同じことを考えてみると、新しい発見があります。同じところをぐるぐるしているようだけど、細く長くむいたりんごの皮のような螺旋を描いて、進化している(に違いない)。

 だいたい1点制作するのにかかる日数の半分以上をスケッチに費やしているので(要するに、なかなか決まらない・・のです)、だんだん個展がちかくなってくると、スケッチが進まないと、もやもやしてきたりするのです。月並みですが。そんな時は、やっぱり自分つくってきた作品やらスケッチを見返すことが多いです。走り書きのようなスケッチでも、うどんの汁かかって汚くなったり(おいおい)しないかぎり、とっておく方なので、そんなの見返してみると、なかなか「いい」のがあったりします。その時はとおりすぎちゃったのでしょうが・・。そうやって、またぐるぐるしてます。(つづく)


5月26日(日)

 最近ちょっと大きめの作品を作りはじめ、ひさしぶりだったのでちょっと体力を消耗。大きいプレス機をあつかうし、版にインクをのせるためのローラーも広範囲にころがさなくてはいけないし、週一回プールにいくぐらいでは体力は維持できないのだと気がつくこの頃です。

 前にも書いたように、いろいろかき分けかいくぐり、たどりつくイメージですが、このつぼのような、樹木のような形は自分でつくっておきながら、未だに良くわかりません(笑)。なにか泉のようなものです。砂漠でオアシス発見、みたいなかんじでしょうか。砂漠にいったことないですけど。どちらかというと、ジャングルでほそい小川をたどって水源発見、の方が近いかもしれない。ジャングルもいったことないですけど。想像力をもって自由にどこでも行けるのがいいです。