>> Prints Index >> fantafonte.com - HOME

No. 71 - November 2006
gallery talk 今月の一枚今月は個展をします!スペシャル。



左・銅版画によるグラフィック・ノベル「Un Giorno Normale カルメラさんの普通の一日」より
右・リトグラフ作品「Particles」
これまで同様リトグラフ作品とともに、
去年より制作をはじめたグラフィック・ノベル(銅版画、リトグラフ、手製本)を発表します。
リトグラフ作品のモチーフを凝縮したかたちで生まれたグラフィック・ノベルのストーリーと、
交差するようにストーリーから再抽出したイメージのリトグラフ作品を、
あわせて約20点展示します。

11月1日(水曜日)

これまでもさんざん書いてきましたが、今月は個展!
しかし案内状はまだ宛名書きの途中だし
そもそも作品もまだ作っています。

でも、なんとか間に合うのではないだろうか・・と希望をいだいて
日々制作中。

そんな直前ですが、ぜひお近くのかた、ご都合のよいかたは
ご高覧くださいませ。よろしくおねがいいたします。
とりあえずウェブページを一部個展特別仕様にしてみました。


携帯用のサイトもつくりました。
案内状かわりに会場の地図などものっています。
「ピロリーン!」がついてる方は上のQRコードからどうぞ。
URL http://www.fantafonte.com/2006m.html


11月12日(日曜日) 個展のかざりつけ作業など 

?????????????A?y?j?????¨?J???~???Ω?????????????????A
???j?????????¬?W???????t?????????´?????Ω?B

???O?…???¶???????±?¢?????S?[?W???X???t???[???p???p?l?????u???A
?????±?§???±?????????§?????????o???????¢?Ω???????????????Ω?…?π???A???????????????????????Ω?B
???????±?????????i???V???O?…?I???????????????????????????????????Ω?B
?????`?¢?????≠???Ω?F?B???M???????[???l?Ω?????????????¢?B???§?‡?†???????§???\?¢?????Ω?B

???????A?W?¶???????????????¢?????i?????????????????¢?E?E?j?A
?L???v?V???????????…?????‡???????¢???¢???A???¶?????????‡?????????j???‡???????≠???i?\???j?????????Ω?B

???j???P?R???????y?j???????B?∫???????¢?Ω???????????§?????¢?v???????B


11月14日(火曜日)はじまりました

そんなわけで、昨日よりはじまりました。
会場はこんなかんじです。

お近くの方、どうぞ見にいらしてくださいね。よろしくお願い致します。
18日まで。


11月17日(金曜日) あっという間に個展もあと2日。



水曜夜の天気予報ちょー嘘つきというのがありましたが、
概ねお天気にも恵まれ、元気に毎日ギャラリーにかよっています。
ご来場くださった皆様ありがとうございます。
なにぶん一週間しかないので、ご都合会わない方はまた是非次回よろしくおねがいします。

写真は、実はこっそりと今回の展示の目玉作品の
「カルメラさんの普通の一日」の銅版画12点を手製本で綴じたもの。
表紙は、春のイタリア旅行かえりのアリタリア機でもらった
Corriere della seraという新聞の美術欄の記事を裏打ちし、
紙面に直に銅版画を刷り、本の表紙に仕立てたものです。
見返しはイタリア製マーブル紙(by伊東屋)、版画本紙はいつも使っているSomerset
(アメリカの画材屋から個人輸入してるけど、英国製の版画紙)ながら、
個人的にはイタリア好きらしくまとめてみた作品です。

写真の新聞紙面はちょうどイタリアを発った翌週からベネチアのMuseo Correrで
はじまっていたジャン・アルプ展の記事。街中ポスターが貼られ
葉山の美術館のアルプ展も見損ね、ベネチアでもご縁がなく泣く泣く離伊したのでした。
裏表紙は、同じく美術記事のFarkasのなので、内容は実はイタリアものではないのだけど。

ちなみに、手前の謎の物体(?)は、お約束のスタバのドーナツです。
スタバといえばシアトルスタイルのカフェの走りですが、
実は創業者がイタリアを旅行して現地のBar(バールというけど、要するにカフェ)を
アメリカにつくりたい!ってことで始めたのだと、
イタリア語教室で教材につかった新聞記事にありました。
と、無理矢理イタリアねたで締めてみる。

あと2日、どうぞよろしくお願い致します。


11月18日(土曜日)おかげさまにて、無事閉幕しました。

そんなわけで、お家にかえってきました。
最終日は午後5時閉場で、搬出作業をすませ(版画工房の人が
終わり際に来場し、片づけを手伝ってくれた!)、
その後、夕方来場してくれて、一時所用ででかけた大学時代の友人と
待ち合わせをして、スペイン料理立ち飲みバーへいく。
とってもおいしかったのである。

今回の個展は、正直をいうと見せ方について、自分の中で
絞りきれないというか、まとめきれないまま、とにかく展示しちゃいました・・
という感じで、今までの個展の中でも心証的にどんよりしたままであったのだけど、
ご来場のみなさんのおかげにて、作品のまとめていき方というか
何をもって私の作品ですとみせていくか、少しスッキリした気がします。
(こういう悩みはある意味では制作を続けていく上でずっと悩みつづけるのだろうけど)
今後も制作にがんばりたいと思います。

ありがとーございました。また次回☆


11月26日(日曜日)

個展がすんで一週間。当初の予定では部屋の掃除をばりばりする予定だったけど、
まだそのまんま。この一週間ですんごい寒くなって、でもこたつのふとんも
洗わないとつかえない。洗おうとおもうと雨降ってる。しくしく。

なんてことより、今週は日頃版画制作をしている東京版画研究所の展覧会が
練馬の区立美術館の中のギャラリーであったのだった。
先日の個展にきてくださった方にはお話したかも。
わたしとしては、個展で発表した作品を流用したし、2週続きとあって
そんなわけで、ほとんど誰にもお知らせしなかったのでした。

この版画工房では、最近とみにリトグラフ作品をつくるひとがめっきり減ってしまって、
もちろん、リト作品を展示したのだけど、せっかくなので個展で発表した手製本を再び展示した。
しかし工房展は、常に自分が在廊している個展と勝手がちがうので
作品の安全確認(?)のためもともと顔出すつもりだったのもあって、
搬入とか会場の受付お当番とか搬出などで、結局4回も会場にいってみた。


いろいろな作品を、いろいろなひとが思いのままに作っていていいなぁ、と思いました。
工房ではリトグラフの制作人口がへって、リトグラフ制作環境も侵食されぎみですが、
でも、これからもがんばって私は続けていこうと思うのでした。

その他には、部屋の掃除もせぬまま、なんとなく編み物したくなったので(笑)、
このささやかなやる気が続く間に編みあがれそうなルームシューズを編んでみました。
工房展のオープニングなどで、わざとらしく編んでいたのだけど、
おかげで、見せびらかして(?)編んでいた以上、途中でこっそりやる気をなくすこともなく
(たぶん)もうすぐ出来上がる予定。

今週から、ほんとに掃除する。

それから、このページも来月からまた通常モードにもどります。


意見・感想、はげましなどメールおまちしております。