Book+に参加します。

6月5日(水)から、初台の Book cafe gallery MOTOYAさんにて始まる
「Book+」に参加します(展覧会詳細は末尾にて)。
ずっと「手作り本フェア」として続いて来たもので、私も数年ぶりの参加です。

今回の私の作品は、コルデル文学。
って、なんぞや!と思われる方も多いともいますが、じつは私もつい先日知ったばかり(笑)。

友達から素敵な絵本をもらって、その挿絵がブラジルの木版画家の手によるものと知り、その人のことをしらべていたら「Literatura de Cordelの挿絵で有名」とありました。 Literature de Cordelってなに??と思ってちょっと調べてみたら、露店などで洗濯物みたいに紐(コルデル)に吊るして販売されてた詩と絵(木版画が多かったそう)の冊子のことだそうで。直訳すると「紐文学」なのかな?
また、こういうページ数の少ないこの手の本はチャップ・ブックとも呼ばれているそう。

その売り方の形態はもちろん、身近に、それこそお使いにいったついでに露店で詩や版画に触れるってとても豊かだと思うのです。そして、そういうの私も作りたいと思いました。もちろんホンモノは見たことないので、あくまで想像ではあるものの。それがきっかけとなりました。

てことで、今回のBook+に出展するのがこちら。

「I TRE GATTI NOSTRI われらの3匹の猫」です。
なかの絵はすべてリトグラフで作り、とくに表1+4は直接リトグラフで刷られています(写真の右下にある左を向いてる猫がリトグラフの版の現物)。なかの絵もリトでつくったけれど、表紙以外はスキャンしてプリント、そしてそれをひとつとつ手でちくちくと綴じて製本しました。

猫の絵をかくのはとても難しいものの、それよりも詩を書くのが初めてのことでした。小学生とかそれ以来?

でもせっかくなので、果敢にも無謀にも四行連詩なるものにチャレンジし、韻をふまねばとあれこれひねりだした詩もついてます。なぜか、イタリア語と日本語でつくりました。イタリア語の方が韻が踏みやすいような。

そして、それがどんな詩かといえば、まさに「われらの三匹の猫」、うちの三匹の猫たちへの偏愛というか過剰な愛をしたためました。正確には「わたしの」でいいんだけど、イタリア語で韻をふむために「われら」と複数形になりました笑。

版画アトリエにいる3匹の猫。奥からガブリエル、ラファエル、ウリエルの兄弟猫。
ラファエルちゃん(猫)にラファエルちゃん(版画)をみせびらかすの図

もちろん「コルデル」らしく紐に吊るして展示するように作ったものですが、しかし今回は参加者の多いグループ展ということもあり、紐では吊るさず展示します。とはいえ冊子は自由に手にとってご覧いただけます。どうぞみてみてください!
紙の色は6色、綴り糸も白だったり違うのだったりしますが、中身はどれも同じです。一冊700円。どうぞよろしくお願いします。

______________________________________
Book+
MOTOYA Book Cafe Gallery(初台)
2019年6月5日(水)−29日(土)13:00−20:00
月曜・火曜はお休み。
ただし、15日(土)16日(日)は日中貸切のため17:00−20:00
入場は閉店30分前まで。
*カフェでの展示になりますので、ワンドリンクオーダーお願いします。
東京都渋谷区初台2−24−7 地図
Phone.03-6362-2082




おまけ。2ヶ月ぐらい前の猫チャリティイベントでは、ちゃんと紐に吊るして展示しました。その時の様子です。

これまでの作品など

サイトをリニューアルして、一年ちょっと。

とはいえ、肝心の作品ページは放置したままでした。

以前は、毎月ひとつ作品をとりあげ、制作当時のこと、日々のできごと、作品つくるとき考えることなどあれこれ毎週かきこんでいたものです(former site先の、Printsにそのまま残してあります)。

それが、ようやく、なんとかカタチになりました。

worksコーナーは、Tumblrページへのリンクになっていますが、そちらに全作品ではないものの、初期のころから現在まで、だいたい取り揃えました。

作品タイトルや大きさなどは書いてあります。またハッシュタグを利用すると、似た感じの作品だけまとめてみることも(たとえば、#coffeecupで、コーヒーカップの絵がずらりと)。

これからも、すこしずつ追加していくつもりです。

ぜひ、みてみてくださいっ。こちらからもどうぞ。

「猫展 猫が行方不明」展@エスカリエ・セー

猫が大人気なきょうこのごろ。猫をテーマにした展覧会も増えてきました。そして、とうとう私も参加することに!

猫はだいすきなので、これまでも猫用版画を作ったりしていましたが()、猫そのものを描くことはあまりなかったので、お誘いいただいたとき、そういうのでもいいと言っていただけて、とてもうれしかったのです。やっぱり人間用の猫版画も作ることにしたけれど。

そんなわけで、猫用ではなく、猫がモチーフ(一応)の新作リトグラフ3点を含む、これまで作ってきた猫用版画など、あらためて展示いたします。

ご一緒するのは、消しゴム版画作家さん、そして切り絵作家さんなどなど。そして、もうひとつ見所?はDMに、わが愛猫のひとりラファエルちゃんが登場していること。左上にいます。

2019年2月27日(水)─3月3日(日)
平日11時─19時、土・日12時─19時
escalier.C galerie (エスカリエ・セー)
武蔵野市吉祥寺本町1−8−14 FRCビル3F
(プチロードを入って左側、1階が紅茶屋さん、2階が健康サロン、の3階)

新作ねこリトグラフは、ほんとうに出来たて。というかなんとか間に合いました。そして、同じくリトグラフでつくったポストカードサイズ作品。

ほかにも、昨年つくった「猫まくら」最後のひとつや、前につくっていた銅版画による手製本(作・画・版画・製本)に「ねこ」が登場してたことを思い出して、そちらも参考出品として展示します。

ぜひ、ご覧いただけたらうれしいです。よろしくおねがいします。

おまけはついさっきのラファエルちゃん。おやつがほしかったらしい。

かわいいなああ。